これ、ブログか?

ラン!カツ!ラン!カツ!

六花の勇者1巻を読みました【ネタバレ感想】

六花の勇者1巻を読んだらあまりにもすばらしかったのですが、twitterに流す訳にはいかなかったのでこちらに投げます。勢いがついているので結構長いです。

いやぁ、面白かったです。
そもそもはアニメのCMで「六人のはずの勇者、しかし集まったのは七人だった!」でなにそれすげぇえええ面白そうじゃん!!と喰いつきアニメを観たところいい感じで。特にナッシュタニア姫のエっちい可愛さとか堪らないっ!(※ここ重要です)となりアニメに先行して原作を読んでおこうとしたのです。

まずこの小説は前記した設定で既に勝利していると思うのです。どうしてもネタがどこかで見た聞いたネタになってしまいがちな、もしくは奇をてらうためにキワモノになってしまうラノベ界隈でこれほどシンプルに興味を引く文言はファンタスティックだと思います。(ミステリ界隈で考えるとまた別ですが)

作者様の他作は読んだことがなかったのですが、表現がしつこくない読みやすい文章と展開のスピーディーさでぐいぐい読んでいけました。そう、展開が早いんです。まずこの設定を聞いた時に「1巻でもし犯人解っちゃうともう2巻以降何も無くなるから、ダラダラ進めるんだろうなぁ」と思ったんですが見事に裏切られました。機敏な集合!機敏な冤罪!機敏な逃走!機敏な推理!機敏な自白!機敏な逃走!!あぁ〜なるほど2巻以降はこの犯人を追ってい…くの…か…

なん…だと…?

さらに六花の勇者がもう一人…えっ?じゃあ偽者がもう一人えっ!?いやもしかしてそれが終わってもまた六花の勇者が現れたりするんじゃないの…えっじゃあさらに偽者がいたりえっうう??気が付いたら全巻買う決意を固めていた。な、なにを(

ここまでがストーリー全体に関する話ですね。以降はキャラに関してお話するとします。こっから先今まで以上のネタバレになるのでお気をつけください。

まずは主人公…じゃなくて何よりも優先されるべきはナッシェタニア姫でしょう!!!??なにこの娘!?ちょうこうふんするんですけど!!ビンビンなんですけど!???序盤はただのエロ可愛い姫、中盤はブチ切れヤン姫、そして終盤はハイパーネジぶっ飛び姫と我が全身の弱点を同時に刺し貫かれ一人でキタキタキタキタキタァァアアアアアーーーーーーーーーーー!!!!と叫びましたよ。スバラシイッッ!あと個人的にアニメ版の剣の聖者能力が某赤い弓兵のUBWぽくてホクホク。「UBW」と「偽者」を元に使ったナッシェタニアのアーチャー(もしくは士郎)ネタがあるのではないでしょうかね、無ければ作るぞフンス。

ひとつ勿体なかったのはどうして表紙をナッシェタニアではなくフレミーにしてしまったのかなぁと。自分はあれで「うん?これは…どういう理由だ…?」と読む前から引っかかりを持ってある程度可能性を考えてしまったのです。もし表紙がナッシェタニアであればミスリードは完璧、違和感ゼロのままより終盤のざわつきを増加させられた気がします。七人目うんぬんを除いても主ヒロインがフレミーなんだ?と読者に予想させてしまうのは旨味がなかったと思います。

主人公かつ地上最強の男()たるアドレットさんですが、地上最強だけど昨今嫌がられる無双系とはかけ離れていてVery Goodです。まずこの世界だと聖者と呼ばれる能力者は女性のみ、なので男子はまずビハインドがあり、勇者に選ばれる男子は大概異能力に匹敵する強さを持っている。アドレットも「強い」んだけどでもその強さは弱さを自覚した強さで、初め「ダセェェw」と笑ってしまっても後には「お前…やるじゃねぇか(握手」みたいな男子と男子だけが通じ合う類いの良さがあってとても良いです。あとはフレミーへの熱い愛。ハラショー男子主人公。

ここから先は巻きでいきます。
フレミー:ちょろ…くはないけどフラグが単一系ヒロイン。デレ過ぎか!!
ゴルドフ:ざまぁwwww
チャモ:女の子が嘔吐する物語は名作(力強
ハンス:ミスリード役からの華麗な転身で主人公の相棒ポジションに。巧さを感じました。これは薄い本が出てもおかしくないにゃあ(力強
モーラ:うわぁ…いるよねこういう自分の正義のためならババァ…

途中から息切れしました。こんなところですかね。ハンスはもう少し語ろうかと思ったんですがいいや。
とりあえず面白かったので読んでない人は読もう!(積極的な宣伝)
ナッシェタニアを見届け隊として続刊も読むこととします。